2015年1月28日(水)に給前呉服店社長の給前正敏が茨城新聞に掲載されました!日本の文化にふれようと鹿島神宮を訪れる外国人などの観光客向けに新しいサービス、移動レンタルきもの着付車を開発した事により、着物貸出&着付が簡単にできるようになりました。

給前正敏

着物で参拝、まち歩きを

和服姿で鹿島神宮参拝や門前の商店街でのまち歩きを楽しんでもらう取り組みを、今年の3月にサービスを導入する予定です!

移動レンタル車は2トン車両に着物ケースと更衣室、着付けスペースなどを用意してあります。色や柄などが異なる着物を複数取り揃えしてありますので、観光でいらしたお客様は、自分の好みの着物を選んで着替えて、気軽に着物を楽しめます。

このサービスのほかに・・・・観光で来られたお客様の希望があれば、着物姿での参拝やまち歩き中の様子を写真に撮影。その画像をあしらったグッズを作成して、持ち帰りできるサービスを同時に開発しているので、そちらも3月には提供をしていけるように頑張りたいと思います。